Warning:

アドバイザーにおつなぎするまでの待ち時間が通常より長くなっております。

Spotifyのヘルプページをご覧ください。解決策をすばやく見つけられる場合があります。

Wed, 21 Feb 2024 01:41:03 GMT

お探しのものが見つかりませんか?

ラウドネスノーマライゼーション

Spotifyに提出される楽曲の音量はそれぞれ異なります。

Spotifyでは、ラウドネスノーマライゼーションを使用して、さまざまな楽曲の音質を均一にし、バランスのとれた統一感のあるリスニング体験を提供します。

注:Web Playerとサードパーティのデバイス (スピーカー、TVなど) では、ラウドネスノーマライゼーションは使用されません。

ラウドネスの調整方法

トラックは、ITU 1770 (国際電気通信連合) の規定に基づいて-14 dB LUFSに調整されます。

  • アルバム全体が同時にノーマライズされるため、ゲイン補正はトラック間で変化しません。つまり、音量を小さくしたトラックは、意図した通りの音量になります。
  • アルバムをシャッフル再生する場合や、複数のアルバムからのトラックを聴く場合 (プレイリストを聴く場合など)、トラックが個別に調整されます。

再生中のトラックには、プラスまたはマイナスのゲイン補正が適用されます。

  • マイナスのゲインは、ラウドネスレベルが-14 dB LUFSになるように、大音量のマスタリングに適用されます。このプロセスでは、マスタリングと比較して音量が減少するだけで、追加の歪みは生じません。
  • プラスのゲインは、ラウドネスレベルが-14 dB LUFSになるように、小音量のマスタリングに適用されます。トラックのヘッドルームを考慮し、音質を維持できるようロッシー符号化のために1 dBのヘッドルームを残しています。
    例:トラックのラウドネスレベルが-20 dB LUFSで、そのトゥルーピークの最大値が-5 dB FSである場合、そのトラックのラウドネスは最大-16 dB LUFSまでしか上がりません。

また、Premiumのリスナーは、アプリの設定で音量のノーマライズレベルを選択し、騒がしい環境や静かな環境に合わせて補正することができます

  • 大音量:-11dB LUFS
    注:トゥルーピークの最大値に関係なく、このレベルを設定します。リミッターを適用し、小音量のダイナミックなトラックで歪みやクリッピングが発生しないようにします。リミッターは、-1 dB (サンプル値) で動作するように設定されます。アタックタイムは5ミリ秒、ディケイタイムは100ミリ秒になります。
  • 標準音量:-14dB LUFS
  • 小音量:-19dB LUFS

マスタリングのヒント

ラウドネスノーマライゼーションを行うと、トラックがマスタリング時のレベルで再生されないことがあります。

  • マスタリングのラウドネスレベルを-14dB Integrated LUFSに設定し、トゥルーピークは最大でも-1dBになるようにする。これはロッシー形式 (Ogg/VorbisとAAC) に最適で、トランスコーディングプロセスによって余分な歪みが生じないようにすることができます。
  • -14dB Integrated LUFS以上でマスタリングする場合は、余分な歪みを回避するため、トゥルーピークが-2dB以下になるようにする。音圧が高いトラックほどトランスコーディングプロセスの際に余分な歪みが生じやすくなるからです。

この内容は役に立ちましたか?